親子のための護身術(講習会)


小学校のPTAの方から依頼があり、合気会沼津支部で「親子のための護身術」の講習会のお手伝いに行きました。
 参加者約100名、うち子供70名
 小雨が降ったりやんだりの中、10時に集合!


はじめに、PTAの方の挨拶から、師範の挨拶へ。

「まず知らない人に掴まれたら、大きな声で助けを呼びましょう」

声を出す練習!
「はーーーい!!」
「たすけてー!!」


すっごい元気(^^)

そのまま、皆で大きな声で号令をかけながら、準備体操

次は、正座での挨拶
何をするにも、まず、正座して頭をさげ、挨拶。
「今日みなさんは、教わりにきていますが、私達もみなさんから教わるつもりできました。お互いに挨拶しましょう」

「おねがいしまーす!!」

二教と三教の手の使い方を、ストレッチ運動の要領で紹介。

転び方の紹介

そして

 *怖い人に襲われそうになったとき・・・
「まず、大きな声で助けを呼びましょう!
そして、何より、暗い道を一人で歩かないようにしましょう。」
「とにかく、襲われそうになったら、逃げましょう」



簡単そうだけど、難しい。コツが分かると簡単! それが護身術。
親指をきかせてアイ〜ンするかんじ!?

皆で練習。
そしてこれが、合気道の技につながることをちょっとだけ説明、実演。

 *肩を掴まれたときは…



まず逃げる!
掴まれたら手をくぐる!
相手の懐に入り潜り抜けると、掴まれた手は離れるので、その時逃げましょう!


やっぱり逃げる。
相手の肩がぶつかってくるのをくるりと回って、相手の動きをかわしてそのまま前進!! 逃げましょう!

皆で、かわす練習。
上手に回れたり、反対周りをしちゃったり。
肩をかわす方向に、自然に回ることがわかると、皆くるりと上手に歩いてる。
最後、ちょっとだけ、この動きが合気道の入り身技につながることを説明。


他にも・・・
 *両手を掴まれたとき
  親指をおでこのほうに持ってくると簡単にはずれるよ!


休憩の間に、合気道の技を紹介。

最後に、技を実際にかけることに。
師範、
「技をかけられたい子は集まってー!」

師範の周りには子供たちでいっぱい。
一列に並んでも、やってやってと師範は大忙し!

大人も子供も、教わる側も教える側も、楽しんだ講習会でした。

最後の締めの師範の言葉。

「まず、夜危険な道は一人で歩かないようにしましょう。」
「危なくなったら、大声で助けを呼びましょう。」


まさに、その通りです!

PTAの役員の皆さまのご尽力があって、参加した皆が楽しい一日となりました。
★ありがとうございました♪