稽  古  日





『柔らかい稽古をする』


接点を通し、間合いをはかるには、体を柔らかく使うことが大切な用件となる。
体を柔らかくしていることで、相手に突っ張られても対処することができる。
また、腕を掴む時も、間接を柔軟にさせておくことで、手が切れることなく掌を密着
させて掴むことができる。逆に、筋肉や間接を固めてしまうと、相手の状態を感じる
ることが難しくなる。
人間の体の柔らかさの象徴は生まれたばかりの赤ん坊であり、固さの象徴は死人であ
る。固くすることはいつでもできる。稽古では体を柔らかく練り上げていくように
したい。

『間接だけにとらわれない』


肘や手首の間接の操作でかける技であっても、その間接だけを攻めることにとらわれ
ていると、自らの立ち位置までおかしくなる。例えば小手返しでは相手の腕が伸びる
ように導いて重心を崩していくが、小手を返すだけでは対して効かない。
最後には間接を極めて倒す、あるいはおさえるのであっても、相手の中心、そして
相手の全体を常に感じていくことを忘れてはならない。

本部道場指導部 宮本鶴蔵師範



『観て、感じて、間合いをはかる』


受けと取りが対峙した時、お互いの間合いをはかるには、しっかり相手を観ること
が大前提。向き合った時に相手を観ていないようでは、何年稽古を続けても、間合い
は見えてこない。また、お互いに接点ができてからの間合いは、接点を通じて相手を
感じることではかる。相手との触れ合いを通し、その力や方向、意図することを感じ
取り、間合いを作っていく。同じ技を行うのでも、毎回毎回、しっかり観て、
素直に感じていけば、稽古は常に新鮮に行うことができる。

『稽古はゆっくり、噛みしめて行う』


姿勢、間合い、そして機をみることが一如となって技は生まれる。
とはいえ、初めからはそれら全てを満たそうとしても、うまくできるものではない。
そのため稽古は、ばたばた動き回ることに終始するのではなく、ゆっくりと噛みしめ
るよう、相手との位置関係を探りつつ行う。自分の状態を見つめ、相手の状態を
見つめ、接点を通して崩れるところを探りながら、動きの一つ一つを意識して
行っていく。

本部道場指導部 宮本鶴蔵師範



毎回毎回、相手を観て、相手を感じて、間合いを探る。(3/3)


接点ができてからの間合いは、どのように考えたらよいのでしょうか。
柔道では、相手を崩す間合いがあります。そして投げる瞬間は相手に密着します。
とういのも、投げるときは相手に密着していないと遊びができてしまい、力が有効に
伝わらないからです。これは合気道も同様です。相手を導く時に、懐の前に若干の
空間がありますが、投げるときは密着しています。特に入り身投げや立ち技の呼吸法
では、相手とほぼ密着するぐらいの距離です。技に入る前も、また入ったあとも、
これもそれぞれ合気道の「間合い」なのです。
 相手の攻撃が打つ、突く、掴むのいずれかであっても、合気道の技の最後は、
「投げる」か「おさえる」で終わります。相手と接触してから、投げる、おさえる
までの間、各技によってそれぞれ間合いは異なりますが、いずれの技におもいても、
接点を通して常に相手の中心をとらえていなくてはなりません。合気道の間合いは、
この接点を切ったり詰まらせたりすることなく、保ち続けるようにする必要があります。
 生前の二代道主・植芝吉祥丸先生の受け身を、私もずいぶん取らせていただきました。
吉祥丸先生は動きの中で、いつでも、どこでも、どのような状況においても、常に
いい位置、優位の場所に身をおいておられました。それはつまり、その場を制し、
場の主役になるということではないかと思うのです。
 究極のところ、良い間合いとは、その場の主役になることであるのかもしれません。
 相手を「投げてやろう、おさえてやろう」と思っても、技はなかなかうまくかかる
ものではありません。もちろん、投げたりおさえるイメージを持つことは大切ですが
技をかけてやろうとうい意気込みばかりが先走ると、帰って身体は居着き、
動けなくなってしまいます。
 日々の稽古においては、常にその場の主役となる間合いをとることができるよう、
模索・鍛練を重ねていきたいものです。

本部道場指導部 宮本鶴蔵師範



毎回毎回、相手を観て、相手を感じて、間合いを探る。(2/3)

さて、接触した瞬間のお互いの間合いは、普通に考えている以上に近いものです。
正面打ちの場合でも、手刀と手刀が触れるくらいで当たっていたのでは小手先の
稽古、私のイメージとしては、初めに触れ合う時は少なくともお互いの肘から二の腕
にかけてが触れ合う間合いに入身しなければ、文字通り「間に合わない」ことになり
ます。
 とはいえ、初心者の場合、どうしても相手が打ってくるのをその場で待ったり、
触れ合った際に腰が引けてしまうことが多いものです。私は、初心者に教える時、
「合わせ」から始める稽古法をよく行います。初心者の場合、動きを分解して考え、
打つ動きの部分を省き、お互いが触れ合ったところから始めるのです。
この時の初めの姿勢、間合いが、当たった瞬間の状態というわけです。相手が打って
くる攻撃に慣れる準備を段階として、このような稽古を行うのも一法でしょう。
 武道では、よく「先の先」、「先」、「後の先」などということを言いますが、
相手の攻撃をただ受動的に待っているわけではありません。開祖の正面打ち第一教の
映像では、自ら面を打って相手の手を引き出し、それを抑えています。現在の形稽古
では、受けの人に打たせてから行っていますが、気持ちとしては「相手に打たせる」
わけですから、技に臨む姿勢に変わりはありません。
 目指すべきは、相手に「打たせる」、「掴ませる」という攻撃を誘う武道としての
段階であり、そうで在るよう、稽古を重ねていかなければなりません。

本部道場指導部 宮本鶴蔵師範



毎回毎回、相手を観て、相手を感じて、間合いを探る。(1/3)

合気道は形稽古からいろいろ学ばなければなりません。まず第一に、間合いは人それ
ぞれ違うと思います。
 技がうまくいけば、その時は良い間合いだったと言えるでしょうが、ここでは
合気道における間合いを、大きく二つに分けて考えて見たいと思います。
一つは、受けの人が打ってくる、あるいは掴んできて取りの人と触れ合うまで、
つまりお互いが接触するまでの間合いです。もう一つは、お互いが接触してからの
間合い、「接点」ができてからの間合いです。
 まず、お互いが接触するまでの間合いですが、これを習得するには、よくよく意識
して稽古に臨むことが肝要です。というのも、相手が受けを取ってくれる稽古では、
一回一回、うまくいったかどうか、自ら峻別していく姿勢がないと、易きに流れがち
になるからです。
 また、形稽古は二人で技をつくりあげるものですから、受けの攻撃も正確でなけれ
ばなりません。腰が引けているような攻撃では、その分だけ間合いも変わってしまい
ます。もちろん、相手がいない所に打つ、つまり相手に届かない攻撃では全く意味が
なくなってしまいます。あるいは、まっすぐ打っていかず、初めから取りが動く方向
に打って行くような攻撃では、当初の形の稽古とは違うものになってしまいます。
一方、取りも相手をしっかり観ることができる姿勢でないと、間合いを計ることはで
きません。ですから、姿勢と間合いは不可分の関係にあり、姿勢が悪かったら間合い
も悪くなってしまいます。

本部道場指導部 宮本鶴蔵師範